カテゴリ:令和3年度 ICT活用の取組

リモート授業練習②(学担以外)

 11月30日(火)も5校時で終了し、生徒が下校してからリモート授業練習をしました。本日は学級担任以外の教員が授業を実施。昨日同様、生徒は10分間の授業を2コマZoomで受講し、ロイロノートを使って課題を受け取ったり、提出したりしました。

 今回の研修は、宇和島市教育委員会ICT支援員の協力を得て実施しました。これまでの研修で、本校の教員は全員 Zoom とロイロノートを活用したリモート授業を実施する能力を身に付けることができました。今後も、生徒の学力向上のためICT活用能力を高めるよう研修を重ねていきます。

リモート授業練習①(学級担任)

 11月29日(月)は5校時終了後に生徒は下校しました。その後、自宅にいる生徒と学校にいる教員でリモート授業を行いました。今日は各学級担任による教科の授業を10分間受けた後、次のミーティングに移動して10分間別の先生の授業を受けるという形式で行いました。

 教員は Zoomで生徒に指示を出しながら、ロイロノートやeライブラリを活用して問題を解かせたり、課題を提出させたりしました。

 前回と同じパターンで、QRコードを読み取ってZoomミーティングに参加したので、生徒はスムーズにリモート授業に参加することができました。明日30日(火)は、学級担任以外の先生がリモート授業を行います。

スピーキングテスト

 6月28日(月)の英語の授業で、スピーキングテストが行われました。今回は1年生と3年生が対象でした。前回の2年生同様、多くの生徒が練習の成果を発揮していい発音ができていました。

 2年生女子生徒のスピーキングテストの実例を紹介します。ロイロノートで生徒が提出したものを、動画として出力してYouTubeにアップロードすると、このようにインターネット上で共有することができます。すばらしい発音をお聞きいただくとともに、ロイロノートの活用事例としてご覧ください。

※本人の了承を得た上で公開しています。
※実際はこれにALTが評価とコメントを付けています。
※この動画は限定公開にして、このサイトでのみ公開しています。

ロイロノート活用例 ~期末テストに向けて~

 吉田中学校英語科のロイロノートの活用例を紹介します。スピーキングテストの課題文は、つぎのようなカードを生徒に事前に配付しています。発音の注意点や抑揚など一目で分かるようにまとめています。また、th、l、fやvなど、日本語にない音の発音の仕方をすぐ表示することができるようにまとめています。更に、教科書会社が提供している音声ファイルのサイトにすぐに行くことができるリンクをはっているカードも追加しているので、生徒はタブレットを使って各自で音声を確認したり、それを聞いて練習をすることができます。実際、多くの生徒がスピーキングテスト直前まで音声を聞いて練習をしていました。

 スピーキングテストでは、このカードに生徒の音声を録音して提出。ALTが各項目を評価して生徒に返却します。データは提出箱に保存されているので、他の教員も生徒のパフォーマンスを確認することができます。

 期末テストに向けては、シンキングツールを活用して「1学期末テスト英語学習セット」を作り、生徒に配付して活用方法を説明しています。試験範囲や勉強のポイント、新出単語、キーセンテンス、本文や訳、文法の解説など、デジタル教科書を活用して作成したカードや授業で使ったプリント類などを全てまとめました。

 ICT機器を今後も更に活用して、生徒が学習に力を入れることができる環境を作って参ります。

第2回リモート授業練習

 5月26日(水)の放課後に、今年度第2回のリモート授業練習を行いました。今回は、それぞれの教員のZoomミーティングにQRコードだけで入ることができるように工夫をしました。また、実際の授業を想定して、10分ごとに指示された先生の授業に生徒がそれぞれ自分で移動するという練習をしました。ロイロノートでも課題の受け取りと提出をしました。

 多少のトラブルはありましたが、アンケート結果によると、大多数の生徒がスムーズにリモート授業を行うことができたことが分かりました。今後もICT機器を教育に活用するよう研修を重ねて参ります。

リモート授業事前研修

 来週5月26日(水)に今年度第2回のリモート授業練習をします。その事前研修として、5月19日(水)の放課後に教員同士でリモート授業の練習を行いました。はじめに、情報教育主任から全体説明があり、その後、各学年部に分かれました。来週リモート授業をする先生が、生徒役の先生にZoomで指示を出し、ロイロノートで問題を出したり、回収したりしました。研修ではありましたが、先生たちは楽しんで取り組んでいました。

 生徒の皆さんには、来週月曜日には文書を配付して詳しい流れを説明します。前回のリモート授業練習よりもスムーズに進むように学校としても全力で準備しています。生徒の皆さんも、タブレットを家庭学習に活用して学力向上に努めてください。 

ALT来校(英語授業)

 5月7日(金)に宇和島市ALTのリム先生が来校し、英語の指導をしました。2年生の授業では未来や予定を表す表現の復習や基本練習をした後、生徒が今週の予定を英語で書いてリム先生と会話をしたり、発表をしたりしました。

 タブレットを授業でどのように使っているかいくつか紹介します。最初の写真は、教員が準備した教材を生徒画面にも表示させて基本練習をしているところです。このようにすると、どこを見て何をするのか教師が具体的に指示を出すことができます。生徒も迷うことなく問題に集中し、考えることができます。

 週末の予定を英語で教科書に書いたら、リム先生と会話。"What are you going to do this weekend?" "I am going to go shopping with my friends on Sunday." といったやりとりをしました。アドバイスがあれば、その場で英語の表現を教えてもらいました。

 リム先生との会話が終わったら、教科書に書いた英文をロイロノートで撮影して提出。最後に、提出された英文からいくつかリム先生が選んで生徒全員に写真を配信し、選ばれた生徒は自分の英文を発表しました。こうすることによって、自分が書いた英文が教科書に残るだけでなく、ロイロノートにも同じものが写真として保存されます。また、発表時に生徒全員に発表内容を視覚的に共有することができるだけでなく、教員が後で再確認してアドバイスすることもできます。

 少し記事が長くなりましたが、宇和島市から貸与されているタブレットやロイロノートを授業でどのように使っているか理解を深めていただくために具体的に活動を紹介しました。今後も吉田中学校でのICT機器活用の取組をいろいろとアップしますのでお楽しみに携帯端末にっこり

美術科の授業 風景画

 3年生は、美術科の授業で、学校周辺の風景画の制作に取り掛かっています。

先日、このHPで紹介しました、タブレットPCの「ロイロノート」を活用しています。

 生徒各自が気に入った風景の写真を撮影し、作画機能で校舎のラインを引くことにより、

透視図法の描き方を確認することができます。

 中学校生活の思い出の詰まった学び舎を、気持ちを込めて描いてほしいと思います。

リモート授業練習

 4月28日(水)の放課後に、学校にいる教員と家庭にいる生徒が「リモート授業」の練習をしました。前回はZoomでのやりとりだけでしたが、今回はZoomで先生が指示を出し、生徒がロイロノートで課題を受け取って提出をするという双方向の「リモート授業」の練習をしました。

 

 一部お知らせしていたパスコードが変わっていて、ミーティングに参加できないなどのトラブルがありました。電話やロイロノートで変更したパスコードを伝えるなど御迷惑をお掛けしました。こうした問題点を見付けることも今回の練習の目的でしたので、御理解ください。

 

 いろいろトラブルはありましたが、Zoomとロイロノートを活用したミニリモート授業に多くの生徒が参加することができました。今回の課題を改善して、今後更にスムーズにリモート授業ができる体制を作って参ります。御協力ありがとうございました。

4月28日(水)リモート授業練習について

 4月28日(水)の夕方の時間帯に、リモート授業の練習を実施します。本日、生徒に実施要領を配付して、学級担任が主な流れを説明しておりますので、詳細についてはその文書を御確認ください。

 Zoomを使って、家庭にいる生徒に教員が指示を出す形式で行います。その指示に従って、生徒はロイロノートで課題を受け取ったり、提出したりします。

 このような実習を重ねて、長期の休校になったとしても、迅速にリモート授業に切り替えて、生徒の学びを保障する体制を作って参ります。保護者の方々にも何かと御迷惑をお掛けしますが、御理解、御協力のほどよろしくお願いいたします。